植毛情報サイト!

植毛とは

植毛とは、頭皮に毛を植え付ける医療行為です。

植毛」とは、読んで字のごとく
毛を頭皮に植え付けることです。

この植毛技術は何と日本で誕生した技術です。

それが今ではアメリカに渡り、更に進化して全世界にまで
植毛が広がっています。


植える毛のタイプによって「自毛植毛」と「人工毛植毛」に
分けられます。

植える方法によっても「手植え植毛」と「自動植毛機植毛」に
分かれます。

植毛は頭皮に毛を移植して毛根を再生させる医療行為ですので、
育毛増毛とは根本的に違います。

※医療行為とは「医師法」によって、医師免許を持っていない
者が行ってはいけない行為のことです。


自毛植毛生毛植毛)」と「人工毛植毛」、「手植え植毛」と
自動植毛機植毛」はそれぞれ長所、短所があり特徴も違います。


ひらめきワンポントアドバイス!

植毛は医療行為の手術ですので、信頼出来るクリニックを選ぶことが
第一です。

この植毛情報サイトでは出来るだけかんたんに植毛の概要が理解出切る
ように書いていますので、参考にして下さい!

posted by 育毛仙人 at 00:36 | Comment(30) | TrackBack(3) | 植毛とは

自毛植毛とは

自毛植毛とは、自分の髪を自分に移植する技術です。

自毛植毛をするには、男性ホルモンの影響を受けない箇所。

つまり薄毛になりにくい後頭部、側頭部などの髪の毛を
薄毛の部分に移植します。


これにより生きた健康毛を再生させます。


定着がうまくいくと、自分の髪の毛として一生伸び続けます。
※定着率は95%といわれています。

これが自毛植毛の最大の特徴です。
posted by 育毛仙人 at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自毛植毛

人工毛植毛とは

人工毛植毛とは、「モダアクリル」や「ポリアミド単繊維」等を
原料とした毛髪素材を薄毛の部分に植え付ける技術です。


人工毛植毛は自毛植毛のように後頭部などの髪を採取する
必要がありません。

しかし人工毛植毛は頭皮へのダメージは少なくありません。

また、人工毛植毛は自毛植毛のように生きた髪では
ありませんので、一度抜けるともう生えません。

人工毛植毛をすると、炎症や拒絶反応があるということで、
アメリカでは約10年前から法的に禁止されている技術です。
posted by 育毛仙人 at 12:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人工毛植毛

手植え植毛とは

手植え植毛とは、高度な技術を有した看護士が
丁寧に手植えで植毛する技術です。

一人一人の状況に応じて、1本1本確実に手植え移植していきます。

手植え植毛は読んで字のごとく手作業ですので一見アナログ的な
感覚に思われますが、「最新技術と人間の手の感覚」で
植毛しますので現在では最も進んだ技術となっています。
posted by 育毛仙人 at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(1) | 手植え植毛

自動植毛機植毛とは

自動植毛機植毛とは、コンピュータを搭載した
植毛機で自動で植毛する植毛方法です。

ただし、いかに優れたコンピュータでも一人ひとり違った
頭の状態には中々対応出来ないのが現状です。

その為、植毛した毛の定着率が悪かったり、
採取した植毛の無駄が発生したりします。


このような背景から、現在アメリカでは自動植毛機
植毛している病院はほとんどありません。
posted by 育毛仙人 at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自動植毛機植毛

植毛の手順「診察」

植毛が実際にどのような手順で行われるのかお教えします。
今回は現在最も安全で一般的と言われている植毛技術である
「手植えによる自毛植毛」を例にお書きします。

まずは診察です。

専門医が頭皮や毛髪の状態を診察し、
念入りにカウンセリングを行います。

植毛の手術の説明やもちろん、植毛手術の後の注意点などの
説明を行います。

また植毛後のご希望のヘアスタイルなどによって、
こまかな移植の計画をたてます。


posted by 育毛仙人 at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植毛の手順

植毛の手順「移植」

自毛分けの工程で、細かくバラしたした自毛を植毛します。

生え際などのデリケートな部分には1本毛を植毛します。

その他の部分の植毛は2本毛、3本毛を1株ずつ植毛します。

これにより自然な髪を再現します。

広範囲に植毛する場合は一度の行わず、
数カ月の間隔で2〜3回の植毛を繰り返します。

採取の時と同様、植毛の際にも痛みはほとんど感じません。


もちろん日帰りで植毛手術を受けることが可能です。
posted by 育毛仙人 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植毛の手順

植毛のデメリットは

植毛は安全性の高い技術とはいえ、メスを使う手術ですので
自毛を採取した場所に、細い傷跡が残ります。
※ただし、髪の毛で隠れて見えなくなります。

植毛は手術費用が高い。
(正し長い目で考えればかえって安上がりの場合があります)

植毛は医療行為ですので、病院選びが重要です。

場合によっては植毛手術にリスクを伴う方法、
病院も存在する可能性があります。

ですので植毛手術に興味がある場合は、自分で資料を
取り寄せて植毛についてよく知る必要があります。
posted by 育毛仙人 at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植毛のデメリット

植毛のメリットは

自毛植毛で定着すると、自分の髪の毛として生え続けることが
一番のメリットでしょう。

また育毛は髪の毛が発毛するまでにはかなりの時間を要しますし、
個人差があるため発毛するという保障もありません。

その点、植毛は手術後には念願のフサフサの
髪の毛が蘇ります。

しかし植毛には当然デメリットもありますので、そちらもよく読んで植毛手術を行うかどうかを検証する
必要があります。
posted by 育毛仙人 at 17:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植毛のメリット

植毛の安全性は

植毛には多くの誤解があるようです。

植毛は切ったり植えたりする作業を要しますので、
そのようなイメージがうまれてくるのでしょう。

特に安全面で「本当に植毛って大丈夫?」と思われている方が多いようです。

植毛の技術は日々進歩していて、ますます進化しています。

アメリカでは、年間80〜90万人の人が植毛手術を受けていると聞きます。

植毛は裁判の多い訴訟の国・アメリカにおいても、
トラブルから賠償問題に発展したことがないというほどの
安全性を誇っています。

また、金額に関しては、植毛する本数により異なりますが、
1回の手術で30〜50万円はかかると思っていたほうがよいでしょう。

植毛箇所が広範囲の場合では100万円前後の費用が必要になる場合もあります。

ただ植毛に成功してしまえば、以降はお金がかかることはありませんので、
トータルで見ると安上がりになる場合もあると思います。
posted by 育毛仙人 at 17:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 植毛の安全性は
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。